WILD ADAPTER新装版第4巻と限定版ドラマCDの感想ですよ。

峰倉かずや先生の「WILD ADAPTER(一迅社・刊)」の新装版の4巻の感想ですよ。今回も限定版ドラマCDの感想も併せてどうぞ。


――ええと、本巻裏表紙のあらすじです。

殺した男、殺された女。

そこに“お届け物”を持った久保田が現れる。

男は逃げ、殺人事件の容疑者として

警察に身柄を拘束された久保田。

まわりに迷惑をかけないよう、

周到に行動した久保田だったが、

理由も聞かされずに

遠ざけられた時任は怒りを感じる。

複雑に絡む事件の裏には「W・A」の存在が――。



ざくっとネタバレありあらすじ。

ラブホテルで風俗嬢を殺した中年サラリーマン・志村。

その直後、鵠さん経由のバイトで殺された女の部屋へお届け物を持参した久保田が、容疑者として警察へ連行されてしまう。

自分の立場が危ういことを察知した久保田は先手を打つけど、十分な説明もないまま一方的に「ウチに帰って来るな。」と言われて、時任が納得できるわけもなく。

時任は時任で、事態の前後に「久保田の初めての女・アンナ」と知り合ったことから、久保田の失踪と関係があるのではないかと勘繰って…。

「なぜ久保田は殺された女の部屋を訪ねたのか?」

この点を明らかにすることが、久保田が事件との関係を否定するために重要なんだけど、本当のことを話すと鵠さんに迷惑をかけてしまうから…と、しらばっくれ、不当な暴力を受けてからはだんまりを決め込む久保田。

久保田が出雲会に出入りしていたことやW・A関連、過去の傷害事件等「叩けばいくらでも埃の出る逸材」だからと、警察での事情聴取は執拗で、簡単には釈放される見込みはない様子。

そんなことすら知る由もない時任は、久保田はアンナと行動を共にしているのではないかと彼女の勤める風俗店を訪れる。

そこでアンナから聞かされたのは、彼女の殺された友人のことだった。

鵠さんから久保田が警察に引っ張られた事実を知らされた時任は、元・新聞記者で現在・フリーライターに転向した滝沢の力を借りて久保田救出に乗り出す。

結局、アパートに引き籠っていた小心者の殺人犯・志村は、時任と警察の両面から追い詰められて確保されるが、久保田の釈放は全く別の方面からの横槍が入ってのことだった、と。


…といった話。


久保田が釈放された後の、余韻がね~。

名セリフだらけでうっとりですわ~(爆)。

時任のダイアローグにしろ、久保田のモノローグにしろ。

ここいらへんだけでいろいろ妄想力が広がりますわ~(笑)。

…どんな萌えな感じだったかは、本書を購入してご覧くだされ(爆)。



今回、単独行動時の時任の瞬発力というか、機転の利き方が非常に小気味いいです。

他人の力を借りる際の人選の間違いのなさとか、気になった場所に出向く行動力とか。

一人でプロの刑事と同等の仕事をしてるんじゃないかと(笑)。


というわけで、警察の手から久保田を取り戻すために奔走する時任がやたらめったら男前でカワユス(爆)。

時任が頑張らなかったら久保田の釈放はもう少し遅くなっていたかもしれないし、もう、大活躍って感じですよ。

実は、3巻まの時任は「ポジティブ思考で喧嘩っ早い性格」…っていうステレオタイプなキャラと思ってあまり惹きつけられる存在ではなかったのですが、4巻でね、久保田を捜して奔走する姿が可愛いというか健気というか(笑)、いいなぁ(萌)って改めて思いました。

これまで、何かの事件が起こると、常に久保田が主導で従う立場だった時任が、初めて自分の考えで行動する、という点で目新しい。

あの必死さがいいよね~(笑)。

それで、アンナと志村に殺された子との接点に気が付くとか意外に勘がいい。はっ…動物的勘かっ(爆)?

どうでもいいけど、いろんな物に当たり散らす時任が、すごく気持ちわかるーみたいな(爆)。

ゴミ箱蹴飛ばしたり、ブランコ蹴飛ばしたり、あれ、私が男性だったら絶対やってる系(笑)。



さて今話は、久保時よりも「志村」という男に思うことが多いです。


志村のトラウマの原点は小学生時代にあった。

「しむら・けん」という面白い名前のわりに凡庸な容姿で、将来の夢は「課長さん」。

文集に「将来の夢は課長さん」と書いたことを「つまらない夢ね。」とけなす女性教師の無神経具合もどうかと思うけど、こういう先生って、結構いますわなぁ?

この先生の「つまらない夢」発言(=言霊)に囚われて、つまらない大人への道を歩んだ志村は、はずみで殺人を犯してしまい、それすらも先生のせいだと逆恨み。

本当につまらない男なんですが、こんな馬鹿なことをしていなければ、こういう人間なんて珍しくもないでしょ。

そういう私も、小学生の時の文集に将来の職業をなりたくもないのに仕方なく実家の家業を書いた口(笑)。

なりたくもないし自信もないから字も小さいし筆圧極弱(爆)。

大人になってから、実際にその「なりたい職業(仮)」に就いたので、他人の目には夢が叶ったみたいに見えるんじゃないかな。

そんなわけで、普通は「アンナ編」って名付けたくなるところだけど、私としては「志村」目線に片寄ってしまうです。




言葉に魂が宿る、という「言霊」。

峰倉先生のメッセージによると、志村は「言葉に囚われてしまった愚か者」なんでしょう。

自分自身の言葉ではなく、他人の言葉に囚われてしまった愚か者でした。


「言葉を口に出すのが怖い臆病者」は久保田。

幼少期の不幸な境遇をいちいち持ち出すのはご都合主義かな、と思うんですが、「いないもの」として扱われていたから、何を言っても「嘘」になってしまう、と。

いないものの発する言葉は全て「嘘」。

だから、言霊を「嘘になるから」と恐れているのかなぁ?

「自分には本当の言葉がない」という久保田。

言葉=意思だったり、自己主張だったり。

それで、時任に「言葉」を求めてしまうのかな。

2巻での沙織の「依存している」というセリフがここでも当てはまることに。



「言葉で誤魔化して生きる狡猾者」って、誰?長谷部?

すまんです。読み込みが足りぬです。


「言葉を欲しがる未熟者」」は時任だ(笑)。

久保田が警察に引っ張っていかれる際には何の説明も聞かされないし、アンナの存在やそれに纏わる傷害事件のことなど、自分の知らない久保田の過去が次から次へと明るみに出てショックを受ける。

時任は自分の知らない久保田のいろんなことが気になってしょうがない様子で、過去についても、出来事も人物も何も知らないんだと改めて。

自分自身のことすら記憶がないのに、久保田のことが知りたい。

久保田に関心があるということ。

自分を自分として認識する「時任稔」の記憶が、久保田との生活とイコールであるということ。


時任の

「久保ちゃんは久保ちゃんだけのものだし、久保ちゃんのものは全部 俺のものだ。」

という名セリフ。

過去の記憶のない今の時任にとっては、久保田との生活が自分の全て、という意味かなぁ…。

無粋な解釈だけど。


時に、親しい同居人であっても、普通、過去女とか傷害事件を起こしたこととか、何かのきっかけがない限りあんまり自分からは話さないよね…(ぼそ)。

何かのきっかけ…というほど付き合いが深くないと思ったのがショックだったのかな(笑)。



公式サイトでの峰倉先生のメッセージを読んで意外に思ったのは、今話を読んでの読者の反応っていうのが。

曰く、

「久保田と時任が別行動」「久保田の過去女(=初めての女)登場」「中年男が主役」…といった点が読者(ファン)や編集方面に不評だったそうです。

私は、作品において作者が絶対=神だと思うので、それを読ませてもらっているという意識が強いせいか全て受け入れてしまう方。

よっぽどストーリーや設定が支離滅裂だったり矛盾が多すぎると文句も出るけど、そうでなければ淡々と読み進めますね。特に疑問も持たず。

だから、「久保時が別行動」もそりゃずっと一緒の方が不自然よね、「久保田の過去女」もそりゃいるでしょうな、「中年男が主役」もいろいろパターンがあって面白い…といった感じでオールOKでした(笑)。




さて、久保田の「初めての女=アンナ」については、正直あんまり意識が向かなくて(苦笑)。

付き合ってた男がDVだったりとか、いわゆる男運がないタイプ。

久保田が彼女と出逢ったのもその流れで、アンナが付き合ってたDV男を半殺しの目に遭わせたり、と、その当時(中学生)から自分がどうでもいい感じ丸出し(爆)。




以下、雑感。

滝沢の「トッキー、くぼっち」っていう何それなセンスの愛称が、すっげぇ恥ずかしいんですけど(爆)。

一コマだけ登場。うわっ、何世代前の「キャスター」(爆)!?

ラブホのインターフォンて、あんな感じ…?









はい、限定版ドラマCDの感想ですよ。

「愛すべき七つの大罪」、今回のお題は「傲慢」でーす。

「強欲」の通販、「嫉妬」の携帯電話…とは違って、これまでのほのぼのした日常風景の一コマではなく、いきなりシリアスな場面から。


ヤクザに鉄パイプで殴られそうになった時任を庇った久保田が頭をかち割られて(いやいや・爆)、自宅に逃げ帰ってきた…というシチュエーション。

血塗れの久保田に焦りまくる時任に対して、相変わらずのんびりした態度の被害者・久保田。

救急箱だ、止血だ、と甲斐甲斐しく…というより慌てふためきながら世話を焼く感じの時任がカワユス(爆)。



久保田の「点滴で造影剤を注入されて…」のくだりは、きっと峰倉先生の経験談ですね。

うちの父が手術を受けた時も、似たような説明を受けましたから。

久保田が言うところの「掠った」=時任「ざっくり切れたって言うんだよっ!」

時任も怪我がちな人ですが、久保田が被害を受けると思いのほか狼狽えるのねー。


マキロンを持ち出した時任に、

久「(頭の消毒は)いや、さすがに遠慮しとく。それ絶対沁みるとかってレベルじゃないから。」

時「久保ちゃんにそう言われると、やってみたくなるな(わくわく)♪」

時任のドS反応が笑えるス。

よろけた久保田が時任に倒れ掛かって膝枕状態に(笑)。…という音声だけなぁ(爆)。


で、何が傲慢なのかっていうと…。

膝枕状態での会話。

時「…なんで、俺のこと庇ったんだよ。」

久「なんでって…お前が鉄パイプで殴られそうになったから。」

時「じゃあ俺が殴られればいいだろ。なんでお前が飛び出してくんだよ。」

久「体が咄嗟に。」

時「真面目に答えろ。」

久「…お前が殴られた方が、俺が痛いから。」

時「じゃあさ、お前が殴られて俺が痛くないとでも思ってんのか。人の気持ちなんか考えもしねえんだろ。そういうの、傲慢っていうんだ。」

久「反論の余地がない。」

時「ざまみろ。」

久「それでも…、」

時「ん…?」

久「それでも俺は、同じ状況になったらまた同じことする。…傲慢だけど。」

時「開き直んな。」

久「タバコ(吸いたい)。」

時「だーめーだ。」

久「えー(棒読み)。」

時「俺に心配かけた上、そのデカい体を家まで引きずり来させた迷惑料は高いぜ。しばらく俺の命令を聞いてもらうかんな。」

久「例えばどんな?」

時「まず、三日は禁煙な。んで、病院行かなくていいからモグリに診てもらえ。」

久「イエッサー。」

時「怪我治ったら、風呂とトイレの掃除は一ヵ月久保ちゃん担当な。」

久「仰せのままに。」

時「それから、一週間毎食、俺の好物を作ること。デザートはピノのボックスな。あと俺が欲しいプレステのソフト、5本は買うこと。それから…、」

久「ちょっと対価が釣り合わない気がするんですけど。」

時「ふっふっふ。それはだなぁ、迷惑料に加えて、この時任様の超絶プレミアムな膝枕代が上乗せされているからだ!


シャキーンって決めポーズ。

久「そういうの、傲慢て言うんでない?」



おしまい。





「フリートーク」のコーナー♪

自己紹介。

「“ラブリー久保田”役、森川智之…鼻声。」(笑)

「“ビューティー時任”役、石川英郎…同じく鼻声、でした。」(笑)

「傲慢」の収録で泣いたから鼻声←嘘。


ドラマと同じくトークテーマは「傲慢」で(笑)。

パーソナルでは傲慢ではない我々だけど、時には傲慢でなくてはいけない時もある、という導入。

お二人とも中堅のベテランなので、現場での立ち居振る舞いもいろいろ気を遣うようです。

石川さんの現場での傲慢な態度は、年長者としての敢えてのパフォーマンスというか、スポークスマン的役割を意識しているそうです。

演者の不満や疑問を代表して言ってるんだ、みたいな。

それがそのまま傲慢だと受け取られることが「多々あります(御本人談)。」

傲慢な態度が「過剰防衛でやり過ぎなんだ。」と、石川さんの自己分析。


今回、聞き捨てならないのは、森川さんの「“石川列伝”みたいなのはたまに耳にする。」発言(爆)。

森川「『なんか凄かったらしいですよ、現場で石川さんが。』っていうのをよく聞きます。」

…ああ、目に浮かぶようです。

「なんで俺達には差し入れがないんだよ!」とか「どうせプロデューサーは俺達みたいなアラフォーのおっさんより、若い女の子とロケに行った方がいいんだろ!」的な文句いや発言はよく公共の電波に垂れ流しておりますわな(笑)。


森「(石川さんの傲慢な態度は)正義の傲慢だ!」

石「仮面傲慢なんです。」

森「なんかいやらしい響きが。」

石川さんの「森川さんもそういう時あるでしょ。」に対して、

森「あるけど、英郎がいると、英郎がやってくれるからいいかな。いないときは言うけど。」

…さすが天然なようで後輩に対してSな先輩だ(爆)。


先日、何気にラジオ聴いてたら、ロングさんてば、ハードさんに「嫉妬しないって言って嫉妬してるし。」って、思いっきり面倒くさがられてました(爆)。



ところで、傲慢とは…

思い上がって横柄なこと。人を見下して礼を欠くこと。また、そのさま。不遜。(三省堂 大辞林より)

…だそうです。

ドラマCDの内容は「傲慢」というより、気心が知れた者同士のかわいい「我が儘」って感じでしたが、フリートークでの「傲慢」については…(笑)。

私の中では石川さんはど~してもジャイアンキャラが確立しちゃってるもので(そして諏訪部さんがスネ夫・爆)。



次巻、5巻は私の好きな「翔太編」♪

時任が久保田に拾われて直後…のエピソードですな。うふふ←(謎)。


以下、関連サイトです


一迅社WEB「WILD ADAPTER」公式サイト


WILD ADAPTERオリジナルPV



【ドラマCD付き限定版】WILD ADAPTER(ワイルドアダプター) 4巻著:峰倉かずや
南海ブックス
峰倉かずや書き下ろしシナリオによる完全オリジナルストーリー、録り下ろしミニドラマCD付き限定版!新装


楽天市場 by 【ドラマCD付き限定版】WILD ADAPTER(ワイルドアダプター) 4巻著:峰倉かずや の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




WILD ADAPTER 4巻 (IDコミックススペシャル ZERO-SUMコミックス)
一迅社
2012-01-25
峰倉 かずや

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by WILD ADAPTER 4巻 (IDコミックススペシャル ZERO-SUMコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック