自宅前道路補修写真ビフォーアフター。

当ブログの東日本大震災関連の写真記事って、基本的に誰かに見られることを前提に、万人に通じる現地情報を意識して書いているんですが、今回に限っては完全に自己満足だけの不親切な内容となっておりますので、あらかじめご了承くだされ。



さて、震災から丸2年が過ぎたあたりから、ガタガタに崩れまくった町内の道路の補修工事が一気に進みまして、まるでゴールデン・ウィークの帰省客を意識していたかのように(笑)。

そんなわけで、うちの前の道路の補修工事のビフォーアフター写真を記録感覚でアップします。

かなりローカルな話題になるのですが、うちの前の交差点から、五区のローソンの先の変形五叉路までの間を、北から南へ…という風に順序良く工事は進まず、ある日はうちの前を重点的に、翌日は小松の方を重点的に、うちの前は一週間放置…みたいな感じで、結局道路を削り始めてからすべすべ道路になるまで三週間くらいかかりました。



まず、仮補修の方のアスファルトをバリバリ剥がしていくです。
画像

画像

画像




剥がした跡に砂を撒いていきます。
画像




アスファルトの下に来る砂利を撒きます。この後、数日間放置され、普通に車が通行し、カッチカチに押し固められます。
画像

画像




砂を撒きます。
画像




油(コールタール?)を引きます。小麦粉まぶした後の卵をくぐらせて…みたいな(笑)。
画像




さらに砂を撒きます。
画像

画像




さらに数日後、表層のアスファルトを敷きます。まず上り車線だけを一気に。
画像

画像




午後からは下り車線を以下略。
画像




センターラインを引く前の下書き(笑)。
画像




センターラインとサイドラインを全部引き終えて完成♪
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック